就活生と出会いたい!就職活動中の学生と出会い付き合う恋活恋愛術

就活生と出会いたい!就職活動中の学生と出会い付き合う恋活恋愛術就活生と出会いたい人、就活中の大学生と仲良くなりたい人
「自分も就活してるけど、知り合いで似たような業界志望の人もいないし、できれば志が同じ子と一緒に活動できたらいいなぁ。業界分析や企業リサーチも二人でやれば効率良さそうだし、、、ついでに付き合えたらラッキーかも。でも、そんな相手どうやって探したらいいんだろう?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • 同じ業界志望の就活生と出会えた体験談
  • 就活中の学生と出会うための方法

 

「一緒に就活できる人がほしい!」
「就活のチャンスを活かして他大学の子とも交流したい!」
「就活の大変さを共有できる相手がほしい!」

なんて考えたりしていませんか?

短大や専門学校、大学などを卒業する間際に必ずやってくるのが「就職活動」の時期。
将来のことを決めてる人もそうではない人も、一斉に企業訪問やインターンに参加したり、就職説明会へ行ったりしながらこれからなりたい自分探しをしている学生も多いと思います。

学校内には就職支援課や就職サポート部署は必ずあるものですが、できることなら一緒に就活を頑張っていける学生仲間やパートナーがいた方が、俄然やる気が出てきたり辛い時に励まし合ったりとモチベーションもキープできるものです。

しかし、志望する業界が特殊だったり、自分が目指す企業のことを知ってる人が周りにあまりいない場合、一人孤独に就職活動を頑張っているという学生さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自分と志を共にできる相手と出会えたという体験談や、実際にそうした相手と出会うための方法についてご紹介したいと思います。

 

※忙しい学生さんでも読めるよう、本記事は約3分での完読を目安に執筆しております。一通り見て頂ければ、就活中にこそ新たな出会いのチャンスがあるということは伝わるかなと思いますm(_ _)m

就活生と出会いたい!就職活動中の学生と出会えた人の体験談

就活生と出会いたい!就職活動中の学生と出会えた人の体験談

それでは、実際に就職活動をしている学生同士で出会えたという人たちには、どのようなきっかけがあったのでしょうか?

まずこちらでは、共に就職活動を頑張れる相手と出会えた人たちの体験談をご紹介していきます。

22歳男性

僕は就活中に県内で最も規模の大きかった合同企業説明会である女性と知り合いました。

その子は県内でもトップクラスの偏差値を誇る大学に通っていて、企業ブースで隣同士になったときに仲良くなることができました。

その時説明を聞いていた会社は僕が以前から志望している業界の大手で、比較的ニッチな会社なので名前すら聞いたことがないという人も多かったと思います。
そこで席が隣になった彼女に思い切って話しかけてみたところ、彼女も同じ業界を志望していることが分かりすっかりその場で意気投合してしまいました。

「僕はあとここの会社と終わったらこっちを見に行くんですよね」
と話すと、彼女もおおむね似たようなルートを回ろうとしていたらしく、お互いに一人で来ていたということもあり一緒に回ってみることになりました。

企業説明会中彼女は担当の人に率直に意見を言えたり質問していたりと、僕なんかよりもはるかに真面目に就活に取り組んでる様子を見てすごく刺激になりました。

そこでようやく負けていられないという気持ちになることができ、僕も気づいた点や聞きたいところは遠慮しないで質問するようにしていきました。
昼食のためにいったん会場の外に出るときも一緒で、近所にあったレストランで食事してるときも就活や大学の話などもすることができ、誰にも相談できなかった悩みやお互いの意見などを交わすうちに自然と会話が途切れることがありませんでした。

たまたま志望する業界が一緒だったということもありますが、やはり共に切磋琢磨できる相手がいるだけでやる気も出ますし、何とかこの企業に受かりたい!という熱意も増すことができたので、彼女と出会えたことはとても有意義だと思います。

連絡先も交換できたので、それからは個人的にもやりとりを続け、お互いに励まし合いながら就活を進めていくことができました。
やっぱり就活中に一番大切なことは自己分析や企業リサーチであることは間違いありませんが、それ同じくらいお互いの考えを率直に言える相手だったり、この人に負けたくない!と強く思えるような素晴らしいライバルの存在って結構重要だったりします。

まぁ、そのあと結果的に僕の方が彼女に惚れてしまって、お互いに就活終了後、場を改めて告白し現在でも交際中です。

21歳女性

私は現在同じ大学に通う同い年の彼と付き合ってます。

付き合うきっかけになったのが、大学で必修科目になっている就活必修講座というもので、自己分析シートを作成する際に他人から見た自分の印象というものを書く時間があり、そこでペアになった男性の方と仲良くなりました。

一度ペアになるとそのほかの作業も基本的にその人と進めることが多く、就活のことに関する話などをしていくうちに自然と打ち解けることができたんですよね。

私はとあるメーカーへの就職を希望していて、彼もまた、企業は同じではありませんが同一業界での就職を希望していました。
これまで私が業界について色々調べてきたこと、彼が独自でリサーチしてきたことを擦り合わせるときに、私が思ってる以上の知識や行動力があることがわかり、私はすっかり尊敬のまなざしを彼に向けていたと思います(笑)

とりあえずわからないことがあれば何でも答えてくれるし、私にとってはものすごく頼りがいのある方といった感じでした。

そんな中、その講義が終わった後お互いにフリーだったということもあり、一緒に食事にでも行こうという話になったんです。
その日は夕方から深夜にかけて彼と2人で本当にたくさんのことを話すことができて、大学在学中あの瞬間が「初めて心から充実してるなぁ私」と思えるほど楽しい時間を過ごすことができましたね。

それから何んとなーくではありますが付き合うことになって、一緒に会社の説明会に行ったり私たちが希望する業界だけの会社が集まる合同企業セミナーに参加したりなど、就活しながら恋活も続けていく形になりました(笑)

でも、しばらくの間内定が取れずに落ち込みそうになっていた私を一番支えてくれたのは彼だし、一足先に希望する企業から内定をもらえた彼はその後私専属の就活コーチャーになってくれました。
やっぱり早くに内定をもらえる人って「考え方」も「分析力」も「行動力」も何もかもレベルが違いますよ。

その後無事に内定を勝ち取ることに成功した私ですが、本当に彼のフォローなしでは絶対あんな大企業から内定なんてもらえてなかったと思うし、精神的にも支えてくれた優しい彼のことが今でも!誰よりも!これからも!一番大好きです。

23歳男性

僕たちはSNSの就活グループの中で仲良くなれたことをきっかけに出会いました。

僕の場合就活を間近に控えた大学3年になってもなかなか希望する就職先が決まらず焦っていたところ、ふとした理由でSNSの就活グループがあることを知りました。

そこでは業種別にグループが立てられており、特に希望するところもなかった僕は片っ端から参加することにしました。
できるだけ会話には参加して、すでにその業種への就職を希望する他大学の学生さんたちと交流し、少しずつですが業界に対する理解、具体的な企業の選び方などが分かるようになっていったんですね。

そんなときに、所属していたグループの1つで、近隣の学生だけが集まって合同オフ会しようということになり、何か情報が得られればという思いで僕も参加しました。

その中に1人、めっちゃタイプの女の子がいたんです。
僕と同じく浪人生の子で、見た目は剛力彩芽似の笑顔がかわいい女の子です。

大学生あるあるかもしれませんが、浪人生ってそんなもん気にしてもしょうがないって気持ちはどこかにありながら、実はちょっとだけ負い目を感じてたりするんですよね(笑)

そんな心の内を彼女に話していると、実は彼女も浪人生だったということがわかり話が弾んでしまったというわけです。
「なんでこの業界を希望してるの?」と聞くと確固たる志望動機が彼女にはあって、その場でさらりと理由を聞いた僕でも「この子は絶対受かる」という確信を持つほど芯がしっかりした女性でした。

見た目がタイプだったことと同時に、真面目に将来のことを考えてる彼女のことを真剣に好きになってしまい、とりあえずその場でLINEを交換してプライベートでもメッセージを送り合う仲になりました。

就活中に恋に落ちることって意外とよくある話で、こういう学生同士のオフ会だったり、企業合同説明会で出会った人たちと付き合うっていう人も実はいたりするんですよね。
(僕の友人にも就活をきっかけに他大学の学生の子と付き合ってる人もいました)

就活と恋愛は全くの別物ですけど、でもそこで仲良くなって交際に至ったとしても、お互いに支え合いながら頑張れる相手だったらいないよりはいた方が絶対いいと思います。

気になる子がいたら自分から連絡先をゲットしに行くくらい貪欲な方が、色々な意味で就活も有意義なものになると思いますよ!

このように、就活中ならではのチャンスを活かして気になる異性と出会ったり、交際関係にまで発展するという人もいるようですね。

ここまでの体験談をまとめると、

  • 合同企業説明会で知り合った
  • 大学の就活講義の中で仲良くなった
  • SNSの就活グループの中で出会えた

という形で就活生同士仲良くなれたという人や、実際に付き合えた人もいるようですね。

就職活動をする時期には、全国で何十万人という数の学生が、一斉に自分に合った就職先を見つけるための闘いを始めます。

中には要領よく立ち回って一足先に内定を勝ち取れる人や、一方でなかなか希望する就職先が見つからず焦ってしまう人もいると思います。

そうしたときにこそ、辛さも喜びも分かち合える存在というのはとても貴重なものです。
就活という同じ大変さを味わう者同士だからこそ、それをきっかけに恋愛に発展して・・・なんてこともよくある話です。

ただし、運よく価値観が似ている学生や好みのタイプの人と出会えたとしても、恋愛関係になることを求めていない相手であれば、それ以上男女の仲に進展することはありません。

そのため、同じ就活生と知り合って2人で行動を共にできるくらい深い仲になるには、「出会いを求めている就活生」と出会っていくことが重要となります。

「出会いを求めている就活生」はどこにいるの?

「出会いを求めている就活生」はどこにいるの?

それでは、「出会いを求めている就活生」はどのように探せばいいのでしょうか。

誰でも簡単に探せるオススメの方法は「マッチングサイト」を利用するという方法になります。

マッチングサイトなら就活生だけに絞って探すことが出来ますし、登録してる相手も出会いを求めている人ばかりです。
そのため、マッチングサイトの絞り込み検索機能を利用すれば、誰でも簡単に「好みのタイプの就活生」だけを見つけ出すことができますよ。

「就活生と出会える」マッチングサイトランキングはこちら

「出会いを求めてる就活生」の探し方

「出会いを求めている就活生」を探す方法はとても簡単です。

プロフィールの検索機能を利用して、就活生が使ってそうなキーワードを指定してみましょう。

たとえば、

  • 就職活動
  • 就活
  • 新卒
  • 就活生

このようなキーワードで検索すれば、就活中の相手を簡単に探すことができます。

実際に「就活」というキーワードで検索してみた画面の一部がこちらです。

「出会いを求めている就活生」はどこにいるの?

※ここでは女性の就活生を検索

このように就活中の相手がパッと一覧で表示されましたね。
ここで表示されている人たちはあくまで一部なので、就活生はこのあと何ページにも渡って探すことができます。

これ以外にも、「就職活動」「〇〇業界志望」といったキーワードでも就活関係の人は探せますし、さらに好きなタイプや条件などを掛け合わせて絞り込み検索することもできるようになっています。

絞り込める要素やキーワード
  • 年齢
  • 身長
  • 体型
  • 会える時間帯
  • 趣味ワード
    (グルメ、旅行、ドライブ…etc)

このようなキーワードや希望条件を組み合わせて検索すれば、より「あなたが望む就活生」だけを見つけることもできます。

実際の検索結果として紹介した上の画像は、「マッチングサイト最大手」「会員数1300万人」を突破した、今一番出会えると言われている「PCMAX」(18禁)のものです。

「他の恋活、婚活サイトだと出会えなかった人」でも、「PCMAX」(18禁)に乗り換えると「ほとんどの人が1ヵ月以内に出会えた」という実績があります。

もしPCMAXで出会えた就活生と気が合えば、いつでも「デート」したり「付き合う」こともできますし、うまくいけば「肉体関係」を結んだり、真剣な出会いを求めているなら就職後に「結婚」を果たせることもあります。

さらに、今ならPCMAXに登録すると「1000円分」の無料ポイントが付いていて非常にお得ですし、1000円分さえあれば、そのポイントだけでも就活生と出会うことは可能です。
(女性は登録利用料は無料になっています)

登録は3分もあれば終わりますので、「とりあえず無料で試してみる」という使い方もできます。

「共に励まし合える就活仲間と出会いたい!」

と思う人は、無料ポイントがお得に入手できるうちに、今日から誰でも実践できる「出会いのチャンス作り」を始めてみましょう。

※女性は完全無料です

「就活生と出会える」オススメ出会い系サイト4選はこちら

◆人気の優良出会い系ランキング◆

第1位 PCMAX

・運営18年以上の信頼の実績
・SNS連携不要、匿名制で安心安全
・セフレ探し、既婚者の婚外恋愛に人気

第2位 ミントC!Jメール

・創設20年以上の運営実績
・既婚者が多く、身バレなしの完全匿名制
・セフレ探し、既婚者の秘密の相手探しに人気

第3位 ワクワクメール

・創設19年以上の運営実績
・SNS連携不要、匿名制で安心
・地方もアクティブな出会い系No.1!

 

→【最新版】優良出会い系ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です